【防犯】バイクを守るために心がけたいこと

e4966db5bcda6c0c228f4f8c25c3c118_s

意外と危ない!?自宅や駐輪場

 

自分の愛車が決まり、納車が済んだらまずしなくてはいけないのが盗難対策です。

最近のバイク窃盗団は、とても巧妙でほんの1分ほどで盗難されてしまうケースも少なくありません。

自分の大切な愛車ですから、念には念をいれて盗難対策をしましょう。

まず、一番盗難されるリスクが高いのは自宅やいつもバイクをとめている駐輪場です。

マンションの駐輪場は比較的、盗難が多いと聞きます。

そこで、どんな盗難対策グッズが良いのか紹介します。

まず一番簡単な防犯対策グッズは、チェーンロックやワイヤーロックなどのタイヤにかけるロックです。

簡易的な物から、かなり強度の高い物もあります。

強度も高く、太いタイプの物は窃盗する側にプレッシャーを与える事もできます。

窃盗する人間に対して、盗るのに面倒そうだとか、時間がかかりそうだと思わせるのがポイントですね。

カバーの下からわざとワイヤーロックを出しておくのも効果アリです。

そして、盗難だけではなくイタズラ防止にもなるイモビライザー。

不正なエンジン始動を防ぐ為の物で、ロックを解除して盗むタイプの窃盗に効果を発揮します。

それから、アラーム。

こちらは振動を感知すると大音量のアラームが鳴るという物。

取付けが簡単な物もあるので、女性でも楽々設置ができますよ。

そして、少し面倒ではありますがこれらの物を単体で使うよりも、組み合わせて使うと効果抜群です。

外出先での対策方法

では外出先、特にツーリングへ出かけた先などではどんな盗難対策が良いでしょうか。

ロングツーリングに出かけた時、ツーリング先などで宿泊する事などもあると思います。

そんな時に大きなワイヤーロックを持って行くのはナンセンスです。

外出先にはコンパクトで頼りになる盗難対策グッズが良いと思います。

持ち運びができる物は、やっぱりディスクロックです。

バイクのブレーキディスクに装着して、ホイールの回転を妨げるロックです。

軽量、コンパクトですのでポケットに入れての持ち運びもできますよ。

アラーム付きの物もありますので、より強い盗難対策を考えている方にもオススメ。

しかし、こちらのディスクロックで気をつけてもらいたい事があるのです。

うっかりディスクロックをしている事を忘れて走り出してしまったら、

ディスクやキャリパー、スイングアームなどが破損してしまう可能性もあります。

また転倒の原因にもなるので、気をつけてくださいね。

ハンドルからロックにヒモをかけるなど、忘れない様にするという手もありますよ。

バイク盗難対策には、バイク乗りは皆頭を悩ませている事と思います。

マンションの駐輪場に防犯カメラがついているから大丈夫なんて思わないで下さい。

窃盗団は撮られている事がわかっていても平気で盗難していきますよ。

一番大切なのは、どんな車種でどんな状態なのかなどを分からせない事。

少し面倒かもしれませんが、愛車を守るために風雨対策も含め、バイクカバーは必ずして下さいね。

防犯については詳しく知りたい方はこちらを参考にしてみて下さい。⇒【防犯】バイクの盗難対策【実例】 – NAVER まとめ

333eaba36fb8c6a95098d45e85a7c273_s