バイクの排気量別【メリットとデメリット】

バイク選びをする上で、一番最初に考えなくてはいけないのが排気量ではないでしょうか。

排気量によって免許の区分や、高速道路の走行ができるかできないか。

車検があるか無いかなどが変わってきます。

また排気量によってメリットとデメリットがありますので、これからのバイク選びの参考にして下さい。

50~125CC編

107249

50cc~125ccのバイクの事を原付二種と言います。

どんなバイクかと言うと、街中で見かけるピンクや黄色のナンバーをつけているバイクです。

この排気量のバイクの,メリットは、やっぱり軽くて、取り回しが楽な事ですね。

それから維持費が安いという事。

特に自動車税が安いのが嬉しいです。

車や125ccを超えるバイクを所有している場合、その車両の任意保険のファミリーバイク特約

という形で付随できる事があるので、保険料を抑える事もできます。

そしてデメリットですが、小型二輪免許が必要な事。

これは教習所に通うか、運転免許試験場などで試験を受けて取得するかになります。

それから、高速道路に乗れない事。

ですから、125ccまでのバイクはツーリングには不向きなバイクと言えるかもしれません。

126~250CC編

108261

126cc~250ccのバイクは125cc以下のバイクと変わり、ナンバーの管轄が陸運局になります。

バイクの分類も小型二輪から中型二輪になります。

メリットは高速道路に乗れる様になり、バイク自体のパワー性能なども上がってきますので、ちょっと遠出のツーリングなどにも出かけられます。

またバイクの種類も多くなり、自分の好みに合ったバイクを選ぶ事もできます。

デメリットはやはり維持費が高くなる事。

保険も別途で加入しなければいけないので保険料もアップします。

251~400CC編

109442

やはりメリットとしては、バイクのパワーが違う言う事ですね。

400ccともなるとパワーがあり、ツーリングなどで高速道路を走ってもかなり快適です。

そしてデメリットは何と言っても車両の重さです。

車両が重たくて大きくなった分、取り回しも難しくなってきますよ。

それから、ここで初めて車検という言葉が出てきます。

車検とは?と思った方も多いかと思いますが車と同じ様に251cc以上のバイクには車検が義務付けられています。

ですから、2年に一度の車検には費用もかかってくるので維持費も高くなります。

400CC以上編

171444

さて、ここからは大型バイクと言われる400cc超えのバイクについてのメリットとデメリットです。

大型バイクに分類され、免許も大型自動二輪免許が必要になってきます。

試験の基準も厳しくなり、教習所へ通わないと取得はなかなか難しいですね。

メリットはもちろんバイクの醍醐味である、速さとパワー。

車体も大きいので、安定した走りができて高速道路も楽々です。

デメリットは、車体が大きいので取り回しがすごく難しい事ですね。

そしてパワーもあるので、ある程度のライディング技術が無いと大型バイクに乗るのは難しいと思った方が良いでしょう。

車両本体の価格はもちろん、パーツなども高価になり相当な維持費がかかります。

小柄な女性が大きなバイクを乗りこなすのは、とても大変な事です。

自分の体格と力量に合った素敵なバイクを見つけて下さいね。