バイクに必要なアイテムってなに?

免許も取ったし、バイクも買った!

さて次に揃えるのはバイクに乗る時に必要なアイテムです。

まずはヘルメット。

b73439f0cbaf7c40cead456328341d6f_s

バイク用品店に行くとわかると思いますが、様々なヘルメットがあります。

フルフェイスヘルメットやジェットヘルなどヘルメットのタイプも違います。

またメーカーも国内メーカーの物や海外メーカーの物など様々ありますので

自分の好みに合った物を選んで下さい。

しかし、やはりヘルメットは命を預ける大切なアイテム。

デザインや見た目だけではなく、安全性の高い物を選んでおいた方が良いと思います。

でも、自分の好みのデザインじゃないと・・・という方もいると思います。

そんな方にはオリジナルのデザインをペイントしてくれる業者などもありますので、

まずは、安全性が高いヘルメットの購入をオススメします。

次はライディンググローブです。

gloves-wheel-686483_640

やはりオススメは革製の物。

できれば手首まで隠れる物が良いです。

ライダーにとって手首はとても大事です。

操作性はあまり良くないと思いますが

慣れてくれば気にならなくなりますよ。

そしてライディングジャケット。

暑い真夏でも長袖のジャケットを着用するのがライダーの基本。

暑いからと言って決して半そでなんかで走らないで下さい。

夏用にメッシュでできたジャケットなどもあります。

ライダー用に販売されている物なら、脊椎パットなども入っていて安心です。

冬はやはり革製のライディングジャケットが良いと思います。

アメリカンタイプのバイクなら黒のライダースなんてカッコイイですよ。

スポーツ系のバイクなら、オススメは2ピースの革ツナギの上だけ。

革ツナギを着ているといかにも感が出てしまうので、2ピースならオシャレにキメられますよ。

さて次は足元です。

やはり、ライディングシューズやライディングブーツが良いと思います。

紐のついた靴などは紐がステップなどに絡まって危ないので、絶対にやめて下さい。

MTのバイクに乗っていると、ギアを上げる左足の甲部分が擦り切れてきます。

ライディングシューズなどは、その対策がされているのでオススメですね。

これまでは標準装備です。

できれば、ではなく必ず身につけてもらいたいアイテムです。

次にあるとよりいいアイテムについてです。

より一層、自分の身を守る為のアイテムがプロテクターです。

やはり脊椎プロテクターはあった方が良いでしょう。

少し操作性は悪くなりますが、いざと言う時にあって困る事はありません。

バイクは車と違い、転倒すれば身体で衝撃を受けなければいけません。

その時の為にも、お守りという気持ちでつけていて欲しいです。

初心者にオススメなのがヒザやヒジのプロテクターです。

そんなのつけてたらカッコ悪いよ・・・と思うかもしれませんね。

でも、ジャケットに仕込ませるヒジプロテクターもありますので、外からは分かりません。

ヒザもパンツの下などにつけておけば大丈夫。

バイクに乗り始めの頃の転倒はつきもの。

転倒や事故を想定して装備を選んでみましょう。