【バイク免許の種類と運転できるバイク】

c0b6b531c4e7a2ca43b699f00fc79a14_s

バイクに乗るための免許にはおおまかに分けて4種類あるって知ってた?

え、そうなの!?

免許証の種類によっては乗れるバイクの排気量が異なってくるよ。↓を見てみてね。

①一般的に原付や原チャリと呼ばれているバイクに乗れる免許が原動機付自転車免許

この免許証を取得すると50cc以下のバイクに乗る事ができる様になります。

16歳以上で取得可能。

費用は東京都の場合ですと3550円(受験料1,500円、免許証交付料2,050円)

これと講習費用が4500円かかります。

しかし、これは一発で合格した場合の費用です。

不合格の場合は都度受験料がかってしまいます。

この免許は他の運転免許証と違い学科試験のみで合否が決まります。

合格後に運転講習という流れになります。

比較的簡単に取得ができ、費用もそれほど高くないので身分証明書として取得する方も多いですね。

②小型二輪免許・AT小型限定二輪免許

小型二輪免許は125cc以下のバイクに乗ることができます。

こちらも16歳以上で取得可能です。

AT小型限定二輪免許は同じく125cc以下のバイクに乗車する事ができ、16歳以上で取得可能。

何が違うのでしょうか?

AT限定というのが頭についていますね。

これはオートマチックバイク限定の免許証になります。

MT(マニュアル車)と違いクラッチ操作が不要な為、技能教習時間も少なくなり、費用も安くなりますよ。

いわゆるスクーターと言われるバイクにしか乗れません。

ですので、小型二輪免許を取得していれば、MTバイクにもスクーターにも両方乗る事ができます。

取得方法は、教習所へ通い免許を取得するケースと、運転免許試験場へ行きダイレクトに試験を受けるという方法があります。

費用は運転免許試験場でダイレクトに試験をする場合は、おおむね22,550円。

教習所へ通うと、教習所の費用が各教習所で違ってきますので、お近くの教習所へ問い合わせてみると良いかもしれません。

参考までに、某教習所は運転免許証を持っていない方が小型二輪免許の教習に通った場合の料金は195,048円でした。

普通免許を持っている方で99,360円。

これがAT限定になると181,764円。

普通免許アリで90,504円。

小型二輪免許か、AT限定かは自分のライフスタイルやどんなバイクに乗りたいかで検討してみると良いと思いますよ。

③普通二輪免許・AT限定普通二輪免許

こちらは125ccから400cc以下の排気量のバイクに乗る事ができます。

16歳以上から取得可能。

AT限定に関しては、小型二輪と同じ内容になります。

しかし、排気量が大きくなるに伴い車体も大きくなってきます。

そこにクラッチ操作やギアの操作などが加わるMT車は、バイクの操作も少し大変になってきますね。

そういう点からもAT限定を取得する女性も増えている様です。

免許証の取得の仕方は小型と同じく教習所へ通うか、運転免許試験場でダイレクトに取得するかになります。

料金は運転免許試験場では一発合格で22,550円ほど。

教習料金は、MTで197300円ほど。

ATで181300円ほどになります。

どちらも免許ナシでの料金です。

④大型二輪免許・AT限定大型二輪免許

取得年齢がこの免許から18歳以上となります。

所得方法も教習所に通うか、運転免許試験場でのダイレクトに取得するかになります。

大型二輪も小型や普通と同じでATとMTがあり自分に合った方を選ぶ事ができますよ。

しかし、まだ二輪の免許を持っていない方がいきなり大型二輪を取得するのは、相当な苦労をする事間違いナシ。

教習所に通うとしても、時間と教習料金がかかってしまうと思います。

それでもどうしても大型二輪免許を取得したいと思っている方は覚悟をキメて頑張って下さい。

晴れて大型二輪免許が取得できれば、全てのバイクに乗る事ができますよ!

ライダーにとって向かう所敵なしの二輪免許です。

小型二輪や、普通二輪を取ってライディング技術を磨いてから大型二輪を取るという選択肢もありますので、自分のバイクライフに合わせた免許取得プランを考えてみるのも楽しいですよ。