本当は欲しい

新しい生活を始めるには、お金がかかります。

あるアンケートによると、新しい生活にお金を費やしたいので、敢えて、婚約指輪はもらわなかったと仰る女性は、約3割でした。

3割という結果に驚きませんでしたか?

思ったよりも低い数字に驚愕したのは、ジュエリーショップかもしれません。

ちなみに、女性の答えは、婚約指輪に必要性を感じない、指輪をもらっても使わないかもしれない、

指輪が苦手だ、仕事柄、指輪ができないから、そのお金を新居の敷金や家具の購入にまわしたい、

もらえたら嬉しいけど、彼にそれだけの負担をかけられないからなどの答えが多かったとのことです。

ですが、婚約、結婚に際し後悔していることは何ですかの問いに、

一生に一度なので、婚約指輪はもらいたかった、彼に余裕があればもらっておきたかった、

婚約指輪だけはもらっておけば良かったと後悔しているなどの答えが約6割と、想像以上に、高い数字となっておりました。

どちらも女性の本音ですが、年齢の若い女性ほど希望される方が多く、

年齢が高くなるほど、希望されない、どちらでも良い、もらえたら嬉しいけど強制はしないとの答えが多かったとのことです。

年齢が高くなるにつれて、現実主義になるのでしょうか?

相手を思いやって欲しくないと答える女性の心を結婚した後で耳にするのは、大変に寂しい思いをすることと思います。

何でも本音で話し合える距離を作ることも、愛情の一つであるといえるのではないでしょうか?