スマートに購入する方法

一昔前、いや、ふた昔前になるでしょうか?

1970年代、婚約指輪といえば、給料3ヶ月分と言われた時代がありました。

婚約指輪は給料3ヶ月分が相場とされたのは、その頃に流されたあるCMに影響を受けたものだったのですが、

そのCMの中での販売促進用の宣伝文句であり、何か特別な根拠を持つものでもありませんので、ご心配なく。

ただ、いつの間にか、給料3ヶ月分なる言葉がそのまま残り、今も、その言葉が言い伝えられているのが、現状です。

結婚したい誰かができた時、婚約指輪を買う資金が足りなくて悩む男性も少なくないそうですが、

現在の購入資金の平均価格は、給料1ヶ月から1.5ヶ月分が相場とされており、30万円前後となっているとのことです。

ですが、結婚に向けての準備ができていない方にとっては、指輪の購入資金を貯めるだけでも苦労があるのではないでしょうか?

結婚式、披露宴は、女性の憧れです。

この二つのイベントは、節約できません!

結婚したい女性がいらっしゃる方は、まず、婚約指輪の購入資金を貯め、

その資金が貯まったら、次は、結婚式を挙げる費用、続いて、披露宴、新婚旅行、新居の用意、引越し代金と

順番に目標を決め、必要な資金を計画的に貯金していきましょう。

ただ、婚約指輪は、高ければ良いわけではありません。

ダイヤモンドの質、ブランド、大きなどによっても、価格は変わってきます。

予算に合わせ、彼女の気に入るものが購入できるショップを探し、条件に合う指輪を探してもらいましょう。

ちなみに、限られた予算内で購入される際は、ブライダルリング専門店、ダイヤモンド専門店で購入されることをおすすめします。