メレの魅力

ソリティアに次ぐ人気のデザインと言えば、メレになります。

昨今は、メレの持つ華やかさに魅かれ、婚約指輪はメレと決めてると仰る方も少なくありません。

ちなみに、メレとは、フランス語になり、小粒石という意味を持っており、0.2カラット以下のダイヤモンドを指します。

真ん中に配置されたダイヤモンドを取り囲むように小粒のダイヤモンドが配置されたメレは、

ソリティアの持つシンプルな中にも品のあるデザインとは真逆な印象があり、その華やかさの虜になる女性が増えているとのことです。

なぜ、メレが人気なのかについてですが、

メレは、小粒のダイヤの位置、数を変えることによって雰囲気が変わるというメリットがあることから、

誰かと似たようなデザインは避けたい方、オリジナル性を持たせた指輪をお探しの方、

個性ある洋服に合わせ、その個性に合わせたデザイン性を持った婚約指輪が欲しい方などにおすすめのデザインとなっております。

最後に、メレを選ぶ際の注意点についてですが、小粒のダイヤモンドをあしらうことで豪華さを出すことができますが、

ただ単に、数多くの小粒のダイヤモンドをあしらえば良いわけではありません。

ダイヤモンドをぎっしりと敷き詰めてしまうと、その豪華さが仇となり、指輪だけで悪目立ちする場合も少なくありません。

また、ショップによっては、ダイヤモンドを敷き詰めたデザインのものは、基本的にサイズ直しができない場合がありますので、

購入する際は、メンテナンスを行ってくれるかどうかを確認してから、購入されることをおすすめします。